……………………
温泉水を飲む
……………………
入浴だけじゃもったいない!

温泉水はお茶・紅茶・ハーブティなどを淹れる際に使用すると普通の水よりも濃く成分が溶け出し、より際立った香りと味が引き立ちます。(コーヒーを淹れる場合は、若干苦味が強調される場合があります)
また焼酎・ウィスキーなどのアルコール類などの割水として使用すると、よりまろやかになります。

★飲用上の注意★

@飲用の許可のあることを必ず確認する(必要なら医師に相談を)

A飲用には温泉湧出口の新鮮なものを使う。 1回量は一般にコップで一杯程度。
1日の量は約200→1,000mlまでが適量。
ただし、酸性泉やナトリウム塩化物泉などは、泉質濃度によって減量や希釈する。

B一般に飲泉は食前30分→1時間前または空腹時がよく、夕食後から就寝前はなるべく避ける。

C特に、鉄泉、放射能泉、ヒ素、沃素、臭素を含有する温泉は、必ず飲用の許可を確認すること。