さまざまなデータを基に総合的に算出しました
各試験の難易度
★★★★
・司法試験・
・公認会計士・
・弁理士・
・司法書士・
・国家公務員総合職・


一般的には超難関資格と呼ばれる。年単位での勉強が必要な場合が多く、大抵、長期にわたり勉強中心の生活をすることになるが、それだけに合格したときの社会的ステータスの高さは最高ランクである。

★★★
・不動産鑑定士・
・土地家屋調査士・
・税理士(科目別)・
・法科大学院・
・中小企業診断士・
・社会保険労務士・
・行政書士・
・日商簿記1級・
・地方公務員上級・
・国家公務員一般職・
・外務専門職・


合格率10%から20%前後の資格。超難関資格ほどではないが、毎日継続した勉強が必要になる。記憶だけでなく、応用力・理解力を問う問題が多数出題される。取得することで責任者や役職などに抜擢されることも多い。

★★
・社会福祉士・
・教員採用試験・
・日商簿記2級・
・通関士・
・宅建主任者・


人気の資格が集中しているが、一夜漬けでなんとかなるほど甘くはない。十分な対策と日々の学習が必要。入門的な内容のため、学習初心者が最初のステップとして取得することも多い。


・日商簿記3級・
・旅行業務取扱管理者・
・地方公務員初級・
・介護福祉士・
・高卒認定試験・
・危険物取扱主任者・


難易度的には低いが、合格するには真剣に取り組まなければならない。理解しやすい内容なので勉強が苦手な人も無理なく挑戦できる。