←backnext→
[1-10]

青雲之志(せいうんのこころざし)
└若者の立身出世を願う功名心。立身出世をしようとする志。偉くなろうとする望み。青雲の志。


臍下丹田(せいかたんでん)
└下腹。へその下5pぐらいの丹田というところ。


星火燎原(せいかりょうげん)
└些細なことでもほっておくと、手におえなくなるというたとえ。小さな勢力が徐々に力を増し、侮れなくなること。


晴好雨奇(せいこううき)
└山水の景色が、晴れの日に素晴しいだけでなく、雨の日にも珍しい味わいを呈すること。晴れても雨でも景観が良いこと。


晴耕雨読(せいこううどく)
└晴れた日には外に出て田畑を耕し、雨の日には家の中で読書をするというように、思いのままのんびりと生活するということ。


生殺与奪(せいさつよだつ)
└生かすも殺すも、与えるも奪うも思いのままであること。他のものを自由自在に支配することのたとえ。


西施捧心(せいしほうしん)
└むやみに人の真似をして、笑い者になるたとえ。


精神一到(せいしんいっとう)
└精神を集中して努力すれば、どんなことでもできないことはない、ということ。


誠心誠意(せいしんせいい)
└まごころのこと。誠をもって相手に接する正直な心。


正正堂堂(せいせいどうどう)
└態度や方法が正しくて立派なさま。陣営などの勢いが盛んなさま。正々堂々。



せ行ショートカット
[11-][21-][31-][41-][51-]